厚生労働省 ものづくりマイスター制度

今年度、厚生労働省では新たに「ものづくりマイスター制度」を創設しました。
「ものづくりマイスター制度」とは、高度な技能をもったものづくりマイスターが技能競技大会の競技課題等を活用し、中小企業や教育訓練機関で広く若年技能者への実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行うものです。
対象分野は100を超える建設業および製造業に該当する職種です。

詳細はこちらをご覧下さい。→【若年技能者に対する人材育成支援等の実施】中央協会HP
→【平成26年度ものづくりマイスター制度のご案内】滋賀県庁HP